QRコード

QRコードとは、以前より用いられていたバーコードを拡張するために開発された2次元コードです。1994年にデンソー(現:デンソーウェーブ)によって開発されました。バーコードは白黒ラインの幅や並びによって数字や文字を表現していたのに対し、QRコードは平面上に縦横に配置された白黒のドットパターンを用いています。これにより格納できるデータ量が大幅に増加し、その利便性から2000年には国際規格化され世界に広がりました。

QRコードを用いて表現できるデータは、数字、英数、8ビットバイナリデータ、漢字・かなが規格化されています。また表示領域もバージョン1の21×21セルから、バージョン40の177×177セルまで多岐に渡り、バージョン数が大きくなるほどが大容量のデータを格納することが可能。

もっとも容量の大きいバージョン40では、最大で漢字・かなで1817文字、数字のみでは7089文字を格納することが出来ます。これにより、任意の文字列も格納が可能となったため、QRコードを読み取ることで即時に指定のサイトへ遷移させることができました。

また記録したデータを暗号化してセキュリティーを高めたSQRC、表示面積を減らすために表示方式を小型化したマイクロQRコード、QRコード自体に意匠性を付加する為、ロゴや画像を重ね合わせたロゴQや、フレームQRなどさまざまな派生規格も開発され、現在も改良が進められています。