スマホ向け汎用VRグラスとしては、現時点でトップクラスの仕上がり

当方は「Android」ユーザーなので、なかなか精度やフィッティングの良いVRグラスと出会えず、
今年だけでも、これ以外に5種くらいの類似他社製品を買いました。

比べてみると、まずは価格はダントツこちらが高価です。
多くの類似製品が2000円前後のところ、明らかに高いですね。
それなりの価値があるのか?? と半信半疑でしたが、他類似製品と比べて価格相応の性能が実感出来ました。

■スマホとのフィッティング■
挟み込む仕様は一般的ですが、上部側の挟むフックが1個だけの仕様なので、スマホのサイドボタンに干渉しません。
簡易的なスマホケースであれば、スマホケースに入れたままセッティング出来ました。

■顔へのフィッティング感■
単純なベルト調整式なので、被ったり外したりが楽です。
鼻部分等での光の差込もありませんでした。
メガネを掛けたままでも使えるようです。(当方は未確認)

■レンズや視野感、調整機能のインプレ■
いままで買った類似製品より、ピントが合い易く、VR動画作品の仕上がりの良し悪しが判断できますね。
グラスのレンズ性能上の歪みは感じませんが、むしろ、撮影時のカメラのレンズの歪みが気になります。
ピントや距離感を合わせるコツにちょっと手こずる感じかな。
ピントがバッチリあった場合には、かなりクリアがVR動画が観れます。今のところ一番イイです。
重量感もズッシリ感はあまり感じません。 ヘッドホンが付いてないのが軽さになっているかと。
視野感はVR作品自体の見方や距離感にもよると思います。 明らかに広いっという感じはしませんでしたが。。。

■その他■
スマホ収納部の開閉がマグネット式で、ちょうど良い力感で開閉できますので、
開けて操作する場合にちょうどいいです。
イヤホン等をスマホに挿して使う場合には、左右の空間からコードが出しやすく考慮されています。

以上のように、類似製品が山ほど売られている中、どれにしようかと悩んだら、
迷わずコレが良いと思います。
安めの製品は、何かと不満を感じるモノが多いです。