AR

この記事は約1分で読めます。

AR=オーグメンテッド・リアリティ(拡張現実)

ARはVRの発展型というか、変種である。現実世界に視覚情報を重複表示させる「拡張現実」を表します。ARは2016年に流行した「ポケモンGO」に代表されるように、実在する風景にバーチャルの視覚情報などを重ねて表示することで、目の前にある世界を仮想的に拡張するというものです。スマホ向けサービスとして比較的簡単に実現できることもあり、有名家具店IKEAのカタログに活用されるなど、日常生活の利便性向上や新しい楽しみを生み出せる新機軸の技術として注目を集めています。
一方、ARとセットで語られることが多いVRはVirtual Realityの略で、クローズドのスクリーンなどにリアリティを高めた視覚映像を投影する「仮想現実」です。CGなどで作られた現実のような世界にユーザー自身が飛び込んで体験できるというもので、たとえば臨場感や没入感を高めたゲームの制作や、今ここにはない車の試乗疑似体験などが可能になります。

VRは、何もないところに、ない物を作り出すが、ARは、現実にあるものに重ねて、ない物を作り出す。
この参考動画で説明するなら、現実のどこかの場所に情報を付加し、そこから本当はないものを拡張させて出現させている。
ただ、ARの映像とは、相互のやりとりが出来ない。この相互のやりとりを可能にしたものが、この後説明するARである。

タイトルとURLをコピーしました